済州島とは?

~日本から一番近い海外観光リゾート地~

世界遺産の漢拏山(ハルラサン) 万丈窟(マンジャングル)、ゴルフ場、カジノ、エメラルドグリーンのビーチ、サイクリングロードをはじめとする、海外観光リゾート地であり、東洋のハワイと言われています。

韓国南部に位置し、関西空港から直通で約2時間の距離にあります。日本からは、済州国際空港へ、成田国際空港・関西国際空港・福岡空港から大韓航空・アシアナ航空が就航しています。2017年には新たな国際クルーズターミナルを開港予定、2025年までに、第二空港を開港すると韓国政府が決定し、今後の開発にも期待がかかります。

株式会社R&A

» 済州島の自然

2010年に済州島全域が「済州島ジオパーク」として世界ジオパークネットワーク(GGN)に加盟認定され、2013年8月には、日本の島原半島ジオパークと姉妹提携が結ばれました。まわりを海で囲まれた自然豊かな済州島は、アワビ、ウニ、甘鯛などの新鮮な海鮮や、大草原で育った黒豚などグルメの宝庫としても有名です。

株式会社R&A 株式会社R&A


» 済州島の観光

ゴルフ場やカジノなどの観光・娯楽施設が多数あるほか、海産物なども豊富なため、韓国国内のみならず、日本などからも多くの観光客が訪れます。以前は、外国人観光客の多くを日本人が占めていましたが、近年は、中国人に対するビザ特例措置(済州島のみを訪問する場合、観光ビザを免除)もあり、中国人観光客が急増しています。
 

» 済州島の山岳

韓国最高峰の漢拏山(標高1950m)があり、多くの登山客にも親しまれています。噴火口跡から成る「城山日出峰」と「拒文岳溶岩洞窟系」を合わせて、その3つは「済州の火山島と溶岩洞窟群」として2007年に世界遺産に登録されました。
 

面積 1,845km² 最高標高 1,950m

株式会社R&A 株式会社R&A